銀行の各種ローン審査に悪影響が出るキャッシング

キャッシングは、ローン審査に悪影響を与えます。 たとえば、返済期日を守らず延滞してしまうと、金融事故の記録が残り落ちる危険性が高まります。 申し込み時点で借入金額が多ければ、ローンを利用できる可能性は低くなるでしょう。 たとえ金融事故を起こさず申し込み時点で借入がゼロでも、ローン審査には悪い影響が出ます。 つまり、キャッシングの契約を残したまま住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの申し込みをしたら、審査に影響してしまうわけです。 ですから、各種ローンに申し込みをするときは、キャッシングの解約をしておくと良いでしょう。 解約をしてから申し込むと、金融事故を起こしていない限り、ローン審査で落される理由にはなりにくいです。 各種ローンを利用できる可能性は高まり、マイホームや自動車の購入もスムーズにできるはずです。 キャッシングは便利なサービスですが、必要のないときは契約をそのままにせず、解約するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です