担保を利用する闇金業者の手口

闇金業者には様々な形態があり、その中の1つが利用者のマイカーを担保に取って融資を行う自動車金融です。自分名義の自動車があれば簡単に融資を受けられるので、お金が必要なのにも関わらず、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を満額まで利用しているなど、他に借りるアテのない人が顧客になりやすいです。
闇金業者の運営する自動車金融は、正規の手続きをせずに、自動車の名義を変更して担保にとります。そこから先は「乗ったまま」と「お預け」の2種類に別れます。「乗ったまま」の場合はリース料という名目で利息と元金を支払うことになります。元々担保にとられた自動車の価値と貸付金額が見合っていないので、支払いが滞った場合には業者が自動車を速やかに回収することになります。
「お預け」の場合は代車に乗るケースがありますが、こちらはリース料の代わりに預けた自動車の保管料や代車のレンタル料などの名目で請求されます。このように、貸金以外の取引を装うのも自動車金融の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です