キャッシングとローン審査を同時に行わない方がいい理由

キャッシングをする場合は、タイミングも重要です。どのようなことかといいますと、ローン審査やクレジットカードの申込と同時に行うのは、避けた方がいいということです。ローン審査もカードの審査も、キャッシング同様に信用情報を照会するので、そこにキャッシングの申込が記載されていると、通りにくくなることがあります。これを申込ブラックといいます。 申込ブラックになるのを避けるには、4社以上を一度に申込むのはやめるようにしましょう。せめて3社までにしておくのがお勧めです。その場合も1社の結果がわかってから、次に1社を申込むようにします。特に住宅ローンなどのローン審査に重きを置く場合は、まずそれを優先するようにしましょう。 もし申込ブラックになった場合は、半年経てば情報が消えますので、再びキャッシングやローンなどの申込ができるようになります。ただし、一度利用した金融機関は審査に通りにくいこともありますので、それ以外の金融機関で申込をするといいでしょう。

学生さんでもキャッシングの審査に通ります!

二十歳を超えていても大学生や大学院生の方ですと、キャッシングをしたくても審査に通らないんじゃないかなと思われる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、遠い田舎から学校に通う為に出てきている方でも親御さんから仕送りを受けていない方などは意外と多いものです。そのような場合でも、友人の結婚式などで急な出費があることだって多々ありますよね。バイト代だけでは足りないけど、キャッシングをすれば払えるしすぐに返済できるという方もいると思います。学生さんでも、住所や学校などを証明できるものがあって二十歳を超えていれば、保証人などは無しでもほとんどの方が審査に通りますので、入用の時だけキャッシングを利用しているという学生さんは意外と多かったりします。人からお金を借りることに罪悪感があるという方もいるかも知れませんが、きちんと返済する意思があるなら、悪いことでも何でもありませんので、ぜひ入用の際はまず審査を受けてみてください。